So-net無料ブログ作成
検索選択

2009/02/12 町の素顔 [雑記]

そこに「住む」ということは、そこで生活する、つまり毎日を「暮らす」ということだろう。
その町には「暮らしてみてはじめてわかる」その町なりの雰囲気、その町の空気、というものがある。

で、たとえば門前仲町(エリアとしての)の空気ってひとくくりにできるか、というと、それがそうもいかない。
情報誌みたいに「下町の伝統と人情息づく門前仲町!」みたいには、いかないです。
やはり町内ごとに、微妙な温度差がある。
その温度差って、それは、やはりそこに暮らす人ひとりひとりの「暮らしっぷり」の集合体から生まれるものではないだろうか。(と、思う。)

観察してみてわかったのだが、ゴミの出し方、特に資源ゴミなどの出し方に、町の空気って象徴的に体現されてはいない?
分別されることなく、うずたかく積み上げられたままのもの。
きちっと分別され、整然と並べられたもの。
いうまでもなく、後者の地域には少なくとも一人以上のごく普通に常識的な「暮らしっぷり」をされてる方がいるのだろう。

ゴミ集積場をチラッとのぞいてみる。
そこから、意外と「町の素顔」が見えてくるかも。

資源回収.jpg
写真は本文とは関係ありません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る