So-net無料ブログ作成

2013/05/30 ローマの休日、あれこれ [映画]

ただいまreading中の本、コチラ『大人のための「ローマの休日」講義』。

130531大人のロマ休.jpg

ローマの休日、と言えばオードリー。
(って、あのピンク野郎ぢゃないよ勿論)。
で、ありがちな女優論っぽい内容、ではなく。

この映画、いかに緻密な造り、構成、狙いがあったのか等、実に興味深い内容ではあるのだが。

実は「えっ、知らなかった(いまさら)!!」ってのが、本題です。

1953年製作のこのアメリカ映画、同年のアカデミー賞で、
・新人オードリーが最優秀主演女優賞。
・イアン・マクラレン・ハンターが最優秀脚本賞。
・イディス・ヘッドが最優秀衣装デザイン賞。
それぞれ受賞してるんだが。

問題は脚本家、イアン・マクラレン・ハンター。
実はこれ仮名(ってか、友人の名前?)で、実際書いたのはダルトン・トランボなんです。
ダルトン・トランボっていえば、私的には何と言っても『ジョニーは戦場にいった』なんだが。

まさか『ローマの休日』書いてたとは。
...知らなんだ、いまさらだが。

何故仮名?なのは、要は「赤狩り」で実名活動が難しかった。
(赤狩り、しかも映画界っていや、名作?『追憶』に詳しいが、ま、それも置いとくとして)
で、しかも賞取っちゃったわけだからなおさら本名出せず。

って事だった、らしい。

その後(っても1993年!)、アカデミー賞選考委員会はドルトン・トランボへ最優秀脚本賞を贈呈している、との由。

やれやれ。
(村上春樹ではありませんが)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る