So-net無料ブログ作成

2013/08/22 昭和が明るかった頃 [映画]

先日読み終わった本のお話。

関川夏央著、「昭和が明るかった頃」です。

130822昭和が.jpg

『吉永小百合の出る映画は、なぜつまらないか』。
冒頭にですね、いきなりこー問われる訳です。

確かに。

彼女の代表作は多分「キューポラのある街」だと思うが。
しかし、それ以外にと問われると.....中々出てこない。
大女優、と言われる人なのに。
考えてみれば、不思議です。

最も映画に限って言えば、と言う事だが。

私的には吉永小百合は断然、『夢千代日記』のお人であらせられる。
(もひとつ加えるなら『国境のない伝記』だろう)

関川夏央も言うところの
・出演映画に特徴的な「ある種の過剰さ」
がなく、
・中心に座って、回りの人間の物語が進んでいくのを見守る
的な姿勢が、ホントは実に吉永小百合的、なのかも知れない。

冒頭の著作は、吉永小百合の他、石原裕次郎他、多くのスター出演の日活社史といった趣もあるが。

ま、それはさておき。

改めて吉永小百合的魅力振り返ろうと。
ごそごそと以前録画したDVD引っ張り出し。
見続けて既に三日目。

何せ
『夢千代日記』(第1回〜第5回)
『続・夢千代日記』(第1回〜第5回)
『新・夢千代日記』(第1回〜第10回)

随分シリーズ化したものです。
1話大体45分、見始めると大概最終回まで見てしまうので。
...寝不足です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る