So-net無料ブログ作成
検索選択

2016/03/11 海街diary [映画]

さて、本日ですが、コチラで。
「海街diary」DVD、やと鑑賞です。

公開時に行きたかたものの、諸々で叶わず。

ま、諸々賞取ったりしてるが。
其れは、其れw

160309海街diary.jpg
映画のキャッチフレーズは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。」だそで。

原作と映画の関係ってのは、言い古された事だが。

まぁ、かなり乖離してるって事すよね。

で。
『カリフォルニア物語』で、後頭部を思いきしぶん殴られたコアな吉田秋生フェチとしては。

「此れは此れとして、原作のディープな世界を楽しもうぜ」って事すかね。

特に『ラヴァーズ・キス』は必読、か。

どうもご馳走さまでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015/10/27 おさらいスター・ウォーズ [映画]

さて、本日のお題ですが、コチラです。
『新作公開に備え、おさらいスター・ウォーズ!』ですね。

ま、言うまでも無く、だが。

暫くご無沙汰だた此れまでの公開作、復習思い立ち。

で、手持ちのDVD(ってか録画ですが)はと.....

『スター・ウォーズ  特別篇』(エピソード4)
『スター・ウォーズ  帝国の逆襲 特別篇』(エピソード5)
『スター・ウォーズ  ジェダイの復讐 特別篇』(エピソード6)
は、有る。

で、

『スター・ウォーズ  ファントム・メナス』(エピソード1)
は、市販VHS(笑)で所有。

ところが

『スター・ウォーズ  クローンの攻撃』(エピソード2)
『スター・ウォーズ  シスの復讐』(エピソード3)

此の二作、何処探しても無い。

で、さそく。
Amazonの出番です(^o^)

パと検索して、ポチッとな。
危険な時代になたもんです(^O^)

151027スター・ウォーズ.jpg
スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)4,122円也。

『スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定) 』
てのを入手。

で、わかったのだが。
2と3は見てないね、またく見てない。

よって、
・アナキンの母の死なんて知らない。
・パドメとアナキンの結婚なんて知らない。
・アナキンのダース・ヴェイダー化なんて知らない。
訳でした。

ま、新作見る前にきちんと復習(予習?)できてちゃんちゃん、の一幕でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015/07/27 鎮魂のゴジラ [映画]

さて、本日ですが。
コチラになります、『ゴジラ』ですね。

150727ゴジラポスター.jpg
何かフルカラーだが、実際はモノクロです。

久々に、映画のお題では御座いますが。
言うまでもなく日本、いや世界映画史上の名作、ですね。

実は、つい先日の日曜日経紙上で特集記事、読んで。
「そいや、ゴジラ、きちと最後まで観た事無かた」の思い出した次第です。

150727鎮魂のゴジラ.jpg
2015年7月26日 日経新聞

で、さそく。
自宅DVDコレクションから引っ張り出してきた1枚。

確か相当以前、BSで放映されたの、録画したもんです。
ま、内容等詳細はコチラ、参照で。

で。
じくり、と見てみましたが。

単なる「怪獣映画」では無いです。

上記日経特集記事内にも、川本三郎が語っていたが。
多分、反戦映画、反核、或は反米、嫌戦争映画、だろうか。

何せ公開された1954年って、まだ終戦後9年。
当時、世間を騒がせていたのは、水爆実験で被爆した第五福竜丸。

一体、監督の本多猪四郎は、本当はゴジラを何に準えたのだろうか。

興味は尽きません。

150727ゴジラ上陸.jpg
勝鬨橋を破壊し、再び海へと去っていくが、その後......



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013/08/22 昭和が明るかった頃 [映画]

先日読み終わった本のお話。

関川夏央著、「昭和が明るかった頃」です。

130822昭和が.jpg

『吉永小百合の出る映画は、なぜつまらないか』。
冒頭にですね、いきなりこー問われる訳です。

確かに。

彼女の代表作は多分「キューポラのある街」だと思うが。
しかし、それ以外にと問われると.....中々出てこない。
大女優、と言われる人なのに。
考えてみれば、不思議です。

最も映画に限って言えば、と言う事だが。

私的には吉永小百合は断然、『夢千代日記』のお人であらせられる。
(もひとつ加えるなら『国境のない伝記』だろう)

関川夏央も言うところの
・出演映画に特徴的な「ある種の過剰さ」
がなく、
・中心に座って、回りの人間の物語が進んでいくのを見守る
的な姿勢が、ホントは実に吉永小百合的、なのかも知れない。

冒頭の著作は、吉永小百合の他、石原裕次郎他、多くのスター出演の日活社史といった趣もあるが。

ま、それはさておき。

改めて吉永小百合的魅力振り返ろうと。
ごそごそと以前録画したDVD引っ張り出し。
見続けて既に三日目。

何せ
『夢千代日記』(第1回〜第5回)
『続・夢千代日記』(第1回〜第5回)
『新・夢千代日記』(第1回〜第10回)

随分シリーズ化したものです。
1話大体45分、見始めると大概最終回まで見てしまうので。
...寝不足です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013/05/30 ローマの休日、あれこれ [映画]

ただいまreading中の本、コチラ『大人のための「ローマの休日」講義』。

130531大人のロマ休.jpg

ローマの休日、と言えばオードリー。
(って、あのピンク野郎ぢゃないよ勿論)。
で、ありがちな女優論っぽい内容、ではなく。

この映画、いかに緻密な造り、構成、狙いがあったのか等、実に興味深い内容ではあるのだが。

実は「えっ、知らなかった(いまさら)!!」ってのが、本題です。

1953年製作のこのアメリカ映画、同年のアカデミー賞で、
・新人オードリーが最優秀主演女優賞。
・イアン・マクラレン・ハンターが最優秀脚本賞。
・イディス・ヘッドが最優秀衣装デザイン賞。
それぞれ受賞してるんだが。

問題は脚本家、イアン・マクラレン・ハンター。
実はこれ仮名(ってか、友人の名前?)で、実際書いたのはダルトン・トランボなんです。
ダルトン・トランボっていえば、私的には何と言っても『ジョニーは戦場にいった』なんだが。

まさか『ローマの休日』書いてたとは。
...知らなんだ、いまさらだが。

何故仮名?なのは、要は「赤狩り」で実名活動が難しかった。
(赤狩り、しかも映画界っていや、名作?『追憶』に詳しいが、ま、それも置いとくとして)
で、しかも賞取っちゃったわけだからなおさら本名出せず。

って事だった、らしい。

その後(っても1993年!)、アカデミー賞選考委員会はドルトン・トランボへ最優秀脚本賞を贈呈している、との由。

やれやれ。
(村上春樹ではありませんが)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013/05/02 「寅さん」考 [映画]

本日の日経、15段広告。
いやぁ〜、久しぶりです、映画カテゴリー。

130502寅さんマドンナ.jpg

で、言わずもがな。
パッと見、すぐわかります「あっ、寅さんね!」。
で、最初はDVDの広告か、と思ったら。

...WOWOWでしたね。
「男はつらいよ」全49話一挙放送、っていう。

男はつらいよ。
もちろん、知ってます。
が、まともに見た事ないっす。

だからって今からWOWOW入ろうとは思わんが。

でもマドンナにフォーカスした、ってのが肝でしょうね、この広告の。
「寅次郎が恋したマドンナたち」。

寅さん、と言えばマドンナ。

でも、これ見るとリリー(浅丘ルリ子)の登場回数って、かなり多くない?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2012/06/04 デッカード再び? [映画]

先日のニュース。
思わず「おおっ」て感じか。

リドリー・スコット監督、コチラ情報によれば続編を考えてるらしい。
そう、あの「ブレードランナー」です。

同監督、「先週ブレードランナー続編の初顔合わせを開始した」と語ってるそうで。
となると、こりゃ本気のようだ。

が、主人公はデッカードではなく。
どうやら「女性主人公」らしい。

しかし大ヒット作の続編ってーと、コケる例も多々ありありで。
是非ココは「ターミネーター」ばりの迫力を熱望します。

120604続ブレードランナー.jpg
ファーストシーン、あの奇妙にオリエンタルな空撮夜景は中々衝撃的でした、当時。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2012/01/25 かもめ食堂 [映画]

一昨日、飲みながら見るともなく見てたテレビ。
と、始まったのがこの映画。
BS、でしたね。

120125かもめシーン.jpg

「かもめ食堂」。
タイトルは勿論、知ってた。
が、未見。
あまり興味無かった、っちゅうのが正直なところ、か。

で、何気なく見始めたら、最後まで見てしまった。

特に大きなドラマがある訳でなく。
出演者もえらいビッグネーム、という訳でもないが。

でも、濃いですね、この3人は。
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ですからね。
ほんと、濃いです。

小林聡美、と言えば。
数年前に放映されてたテレビドラマ「神はサイコロを振らない」、思い出します。
原作、大石英司の同名作品で、結構面白く読めましたが。
でもこれ、テレビドラマ化は相当キツいんじゃないのか、と思ってたんですが。
ま、テレビでもそれなりに楽しめましたね。
やはり、小林聡美の存在感(演技力?)が大きかったんじゃないでしょうか。
何せ行方不明だった旅客機が10年後に突然戻ってくる、って話ですから。
何らかの「リアルさ」を感じさせる要素が無いと、単なる荒唐無稽話で終わっちゃいますから。

で、その「リアルさ」の主柱が、小林聡美演じるところの黛ヤス子だったのでは。
「あ〜、いるよなぁ〜こーゆー人、ぜったい」って感じか。

で、かもめ食堂。
多分ここでも、同様の役割を担ってたところが、面白かった肝、のような気が。
他のお二人も、そーゆー意味では圧倒的にリアルな存在感、ありますし。

リアル、って言えば、店内のシーンで小林聡美と片桐はいりが会話してるシーンで。
声が反響してるんですよね。
だ〜れも客いない店内で。
よくある、引っ越したばかりの何もない部屋で越え出すと「ウワ〜ン」って感じ。
あの、感じです。
何故かそのシーンで、妙にリアルというか、ノンフィクションを感じたんですよね。

DVDも出てるようだし。
ちょっと再見したい、って気もします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011/06/13 ヒッチコック再見 [映画]

先日図書館でふと手に取り。
ちょいと読み始めたら面白かったんで、借りてきた。

これです。

植草ヒッチ.jpg

確かそーとー以前(多分、学生時代?)に読んだような記憶が。
でも、中味、まったく覚えてない。

最も最近は前月に呼んだ本の内容、すっかり消失しちゃったりすることも....。

で、ともかく。
あの、植草甚一の軽妙かつ個性的な語り口を楽しみつつ。
再度、ヒッチコックの映画、引っ張り出してみたわけです。
録りためたVHSやらDVDやら、まぁ数は相当あるが、それでも全作品、という訳にはいかず。

それでもここ数日で、
「泥棒成金」
「北北西に進路をとれ」
「鳥」
等を再見。

いや、やっぱりヒッチは面白い!
が、しかし。
ご活躍当時はかなり酷評というか、無視されてた映画作家の一人かも。
(というような話が本に書いてあります)

で、そんなヒッチを絶賛、トリビュートを捧げてたのが所謂「ヌーヴェル・ヴァーグ」の作家達。
とりわけシャブロルやトリュフォーだった訳だが。
(というような話も、本に書いてあります)

と、何故か興味ある事柄を追ってくと、自然と自分の守備範囲のフィールドへリンクしてく、ってとこが面白いんですよね。
となると、またトリュフォー作品も再見せねば、とも思いつつ。

とりあえず来月、12日に某国営BS放送でヒッチの「ロープ」、オンエアのようですので。
これ、全編ワンシーン・ワンカット構成、しかも映画の時間進行と現実の時間進行を完全に一致させた意欲作(と、言われてます)。

ヒッチ未体験、または未見の方、ぜひおすすめです。
(勿論、ファンの方も)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011/06/09 「グリーンマイル」で、あぁ勘違い [映画]

昨晩、某国営放送の某BS映画番組で観ました。
所謂「グリーンマイル」ってやつです。

大分前に見たんで、とはいえ、何となくあらすじは覚えてるような?
で、懐かしいなぁ、も一回見とこ、的なノリで見始めたら。

グリーンマイル.jpg

「あれ、これ話、違うんぢゃ」と思ったわけです。
....どうやら....完全な思い込みで....勘違いだったようだ。

...「ショーシャンクの空に」とごっちゃになってました。

ショーシャンク.jpg

...でも、似てるよねぇ。

原作、両方ともスティーブン・キングだし。
監督はフランク・ダラボンだし。
主演、トム・ハンクスだし。
(って、ショーシャンクは違うか、あれは確かティム・ロビンス?でも、この二人も似てる?)

ついでに、舞台は両方とも刑務所だし。

しかし、スティーブン・キング原作の映画って多いよね。
「キャリー」(ほんと、怖かった、特に最後)、「デッド・ゾーン」(これもかなり怖い)、「クリスティーン」(クルマが人格持つという、ある種不気味な恐怖がたまらん)とか。
「シャイニング」は残念ながら通しでちゃんと見てないが。

ともあれスティーブン・キングって「ホラー」の代名詞的存在だが。
この二作はちょっとファンタジーっていうか、ミステリアス・ホラーっていうか。
でも面白かったです、グリーンマイル。
他のスティーブン・キング原作映画もまた見たくなりました。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る